2012/04/03

「カタリの世界」




「太陽」という雑誌があった、いつの間にか廃刊になってしまっていた
特集がいつもシブかった
白洲正子さんを知ったのも、建築とアートに興味を持ったのも
この雑誌の特集からだったような気がする

その「太陽」の別冊として何冊かが刊行されている
毎回、なかなか興味深い特集なのだが
今回はたまたま「カタリ」とい言葉に何かを感じて、久しぶりに雑誌を購入

さてカタリとは?
サブタイトルは「昔話と伝奇伝承」
「はじめに」として前書きが書かれてるのでそれを抜粋してみよう


言霊。コトダマと読む。言葉には魂がある。言葉には神がやどる。
音に、オンに意味がある。

太郎という男の子がいる。タロウと発音する。
「太郎」 漢字で書くと、何でもない名前。
どこにでも普通にある名。しかし「タロウ」と書くと、変身。
タロウは「タレル」となり、神のこの世での御姿となる。
タロウ→タロ→タレ→タレる。垂れる
神がこの世に垂れ給うた。その御姿は童子、赤子。
金太郎に桃太郎に浦島太郎に、「ものくさ太郎」。太郎は神の子

ー中略ー

語呂合わせと笑ってはいけない。音(オン)の呪術はオソロシイ。
「祈る」は、「イノル」→「ノル」となり、
「ノロウ」に至る。「呪う」そう、「祈る」は「呪う」でもあった。

なぜ、カタリが「語り」ではなく「かたり」でもなく「カタリ」なのか。
カタリというオンの中に騙りも脅しも籠められている
だますことも、カタリ。恐ろし気なことも、カタリ。
うさんくさく、インチキで、奇怪なことがカタリ。
けれど「カタリ」は、何よりも不思議。

昔むかしのものがたりは、カタらねば、始まらぬ。
御伽話に昔話に、神話に、伝承に、
カタリの呪術
言葉の呪力。

ー中略ー

言うにもオンの呪術。イウはイワウ。祝う。
カタリの神は福神。カタリの神は来訪神。遊行神。
神を迎えて、カタるは、四季の景、祝言。

「目出たい、めでたい」と、先に言ってしまえば
福がやって来る。富がやって来る。

カタリとは、呪術。カタリとは、呪力。
カタリのハナに、神は宿られる。
カタリとは招福。カタリとは幸福。



「金太郎」はカタリの中で神の赤子となり
現在に残る神事の中で名を変え、時には形さえも変えて奉られる
「浦島太郎」「桃太郎」も私が覚えている昔話とはビミョーに違ったカタリ
によって奉られる

カタリを聞きに色々な取材を重ね、まとめられた話で構成されている
写真も美しく、興味のある部分のみ拾い読みしても、充分楽しめる
興味のない人にはまったく「なんのこっちゃ!?」という内容だが
民俗学にちょっと興味があって
「カタリ」という言葉だけでも、「おおっ!」と思う人には
なかなか「タメになる本」である