2012/10/27

風の中のマリア






















学名をVespa mandarinia(ヴェスパ・マンダリニア)
スズメバチ亜科の中で最大のスズメバチであるオオスズメバチのワーカー

人間から見れば、マリアの紹介は上記のとおりになる
思い出すだけで、あの黄色と黒のしましまと、羽音からの恐怖感を覚える

その恐怖以外にはなんの親しみも感じない、オオスズメバチの生まれてから死んでゆくまでが書かれた本だ。オオスズメバチに「マリア」という名を与えた事によって「生態」が「物語」になっている。ものすごい手法だと感心した

オオスズメバチは他の昆虫を狩って幼虫のエサにする事で、昆虫界の食物連鎖の頂点に立っている。固い甲殻を持つ甲虫類を、易々と噛み砕く事のできるその顎と固いキバ、そして鋭い針、ミツバチの針は全体に返しがついているため一度刺さると抜く事ができず、生涯に一度の攻撃で命を失うが、オオスズメバチの針は何度もさす事でできる。その針先から噴出される毒液は細胞を分解して神経を破壊して、巨大なほ乳類さえも死に追いやるのだ。
攻撃力に加え、防御力も高い。
固い頭、固い胸、その身体はすべてクチクラと呼ばれる強固な外骨格で覆われている。加えて一日に100キロを飛ぶ事ができる桁外れな飛翔力とスタミナを持つ。

その戦うために生まれたような身体を指して「マリアは生まれながらの戦士だ」と
物語は始まる

マリアが「偉大なる母」と呼ぶ女王蜂、そしてその女王蜂から生まれたマリアの兄弟たちが住む帝国を守るために、ワーカーたちには様々な役割が与えられる。帝国を大きくするために、兄弟達を守る為に、ただただ働き、戦い、死んでゆく。

他のハチがマリアに教えるというスタイルを取って、そのハチにゲノムの仕組みを語らせ、ハチの世界の遺伝の仕組みを説明していたり、だいぶ、ムリな部分を「マリアの気持ち」で語らせている。
それは私自身、感情移入できて読み易い部分でもあるが。
しかしその反面、あまりに擬人化しすぎた「頑張りやさんマリア」の台詞に、国を守るためには誰かが犠牲になったとしても、個の幸せよりも大事なものがあると啓蒙されてるようで、ちょっと、イヤな気持ちになった事は否めない。
いっそ「みなしごハッチ」くらい擬人化されてたら、まったくの物語で読めるのだが…
ハッチのような雄ハチの悲惨な運命がリアルに書かれているこの本で、どんなに想像力を働かせてもマリアとして浮かぶのは、つぶらな瞳のハチではなくて、リアルな黒と黄色のでかいオオスズメバチのワーカーなのだ。

だからあえて思う

これは「オオスズメバチの生態」の本だと思うほうがいい
ただ、読者にわかりやすいように、ハチに名前をつけているだけだ
「ハチ」が自らのゲノムとか遺伝子には興味が有るのか無いのかは、私たちにわかる事はないだろう。人は自分たちとはまったく生態の違う生き物の生き方や死に方にさえ「意味」を探ってしまうのだろうが、そんな深読みは必要の無い事だ。

余談だけど、昨今減少していってるらしいニホンミツバチの生態も少し書かれていて、「峰球」という胸の筋肉を使って熱を発生させてオオスズメバチを取り囲んで、その熱で殺傷するというものすごい力技を持っていながら、セイヨウミツバチがニホンミツバチの巣から蜜をごっそり盗んでいっても、何もできず、自分たちは飢えて死んでしまうというくだりには、なんというか…やっぱり人間社会の何かに例えたくなってしまう自分がいるなあ…!